ポケモンGOに起死回生のチャンスはないのでしょうか?

とうとう「人前でやるのは恥ずかしい」と言われはじめてしまったポケモンGOに、人気復活策はあるのでしょうか。

ステージの変更も1つの解決策のようです。

●「中年のオジサンに愛される理由」を突破口に。

対談者A:世の中にリリースされてからそれほど時間がたっていないのに、ポケモンGOはもう「人前でやっているのは見られたくない」とまで言われるようになってしまいました。

何か起死回生の秘策はないものでしょか。

対談者B:中年のオジサンに愛されはじめたポケモンGOに、1つのヒントがあるかも知れませんね。

見せびらかすゲームという感覚、オジサンたちは元々もっていませんから。

この人は別格かもしれませんが(笑):【ポケモンGO】高須クリニック院長のポケモン探しがセレブすぎる

対談者A:確かにこの人はすごいですよね。

見せびらかすのではなく、ということは1人でニンマリ遊んで進化させて喜ぶって感じですか?

●ゲーム感覚から趣味のステージに昇格させる。

対談者B:ゲームではなくて趣味の世界にポケモンGOを昇格させてしまうのです。

趣味の世界は、他人にどう思われるかではないでしょ。

自分が好きで満足できればいいわけですから。

そういう新しい路線を狙うというのはアリです。

対談者A:そもそも、開発者とかはポケモンGOをロングセラーに育てたいのですかね?結構な収益があるはずだから手放せないとは思いますが?

対談者B:もちろんです。

だから新しい手は打ってくるはず。

日本ではなくて米国なのが歯がゆいところですが。

●とにかく「捕まえるだけのゲーム」という構図・組み立てを根こそぎ変えて、新次元ポケモンGOに変身させる必要はあります。

対談者B:世界的に一気に話題になるゲームを作るなんて奇跡的なことです。

できないことをやったのがポケモンGOなのだから、次のステージに行かないと。

対談者A:ゲーム発想ではないプログラムが必要ですね。

最近話題の脳科学者とのコラボとか、実現できればスゴイです。

Comments are closed.