話題になっているポケモンGOの今といえば

いまや居酒屋のテーブルで酒の肴になっているのは、ポケモンGOと復活対策なのだそうです。

ユーザーの判定はともかく、ポケモンGOの行方はどうなるのでしょうか。

●一般人が居酒屋で開く担当者会議ブーム。

対談者A:ポケモンGOの話をしていても、いつの間にか「まだポケモンGOをやっているオジサン」の話にすり替わってしまう。

誰も、裏ワザだとか入手方法などといったことに熱くなるメンバーはいないです。

対談者B:「何とかしないといけないね、マズいぞ」って、開発者でもないのに担当者会議みたいになってしまっている居酒屋のテーブルがチラホラあります(笑い)。

すぐに深刻ぶるのは日本人の悪いクセですから、ここは明るく行きましょう。

●話題になりかけ。

脳科学者の出番はまだか?

対談者A:ところで脳科学者とポケモンGOの話に進展はありましたか?面白そうなコラボとか?

対談者B:いろいろアプローチはされているようだけれど、どこへもっていけば話のテーブルに着けるのか、そこで吹きだまりができているみたいです。

不人気になったお店をリニューアルで復活させるような仕掛けはいくつかも用意されていました。

対談者A:任天堂さんは窓口になってくれないのですか?

対談者B:その辺の詳しいことは聞いていませんが、進展そのものはないようですね。

●まだやっているオジサンだって、空気が読めないわけじゃない。

いつまで下支えしてくれるのか、そんなに長くはないでしょうね。

対談者A:ポケモンGOの先行きばかりを気にしても仕方ありませんが、オジサンたちは離脱しないですか?

対談者B:しませんね(笑い)。

もしかしたら、むしろそうしたおじさんにポケモンGOの魅力を聞いて、その長所をのばす方向で考えてみてもいいのかもしれませんね。

対談者A:確かに。不満点の改善は大事ですが魅力を伸ばさなければ結局は意味が無いですからね。

▽最新ニュースを見るなら⇒ポケモンGO攻略ニュースをチェック!